出産後に旦那さんへ宛てた手紙の内容に感動

アナタは大切な人との絆って、いつから解けない絆が出来たんだと認識されましたか?

ふと、こんなことを聞かれても「なんのこっちゃ」と思いますが、以下に紹介させていただいた奥さんは、はっきりと二人の絆がしっかりと結ばれた日、そしてそれが解けない絆になった日のことをしっかりと認識されているようなのです。

そんな絆にまつまる話なのですが、出産後に旦那さんへと綴った手紙の内容が感動的だったので引用させてもらいます。

旦那へ。

お母さんから聞いたで。
出産の時、30時間の陣痛のあげく
弛緩発作で意識がなくなった、私。

お医者さんが、
「母子共に危険な状態」って言ったら、
迷わず、「母親の命を優先してください」
って、お医者さんに頭下げてんてなぁ。

10ヶ月間、「宝物」って名前つけて
楽しみにしてた子やで?

「子供が産まれたら、一番目は子供。
 お前は二番目に降格やなぁ」

って、嬉しそうに言うてたやん?
意識不明のまま、緊急帝王切開。
子供が先、無事にとりあげられて、
看護婦さんが

「お父さん、抱かれますか」

って聞いたのに、

「あいつが助かってから、
 一緒に抱きたいんで、今はいいです」

って断ってんてなぁ。

「抱いた重みで、
 父親になった実感がわいてくるんかなぁ」

って、抱き真似しながら言うてたやん?
あとから、なんですぐに
抱っこしやんかったか聞いたら、

「あれは、願掛けみたいなもんやった」

って…

退院の日、看護婦さんから聞いたで。
半日ほどたって、
私の容態が安定した事伝えたら、
トイレから泣いてる声が廊下にも
聞こえてたって。

看護婦さんみんなに、
「いい旦那さんやね」って言われたよ。

あんたが泣いたんは、結婚式と、
流産した時と、今回。

「男は泣くもんじゃない」って、
いつも言ってるのに、
私の事では、泣いてくれるねんなぁ。

普段は、優しい方ではないし、
口も悪い旦那。

でも、ほんまに困った時は、
絶対に助けてくれるから、
いざって時、一番に頭に顔が浮かびます。

いつも、きつい冗談で
泣かされてばかりやけど、調子狂うやんか。

でも、これで、一生分くらいなら
ついていけるような気がします。

絆は、目に見えないものやけど、
ほどけない絆が出来た日は、
この日やと、私は密かに思ってます。

いかがでしたか?
非常に感動的で、且つ、非常にうらやましい夫婦の姿ですよね。

なんだか目に見えるものばかり追いかけているよりも、こうして目には見えないけれど、こうして互いの姿を感じあえるものっていうのは尊いなぁ~なんて改めて思ってしまいます。

果たして我が夫婦は、そうした絆はあるのだろうか?
うん、大丈夫。きっとある!と思いたいw

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。