ブラック電通で自殺に追い込まれてしまった東大卒女子社員のツイッター

24歳東大卒女性社員が過労死 電通勤務「1日2時間しか寝れない」 クリスマスに投身自殺 労基署が認定というのがネットで大きな話題となり電通という企業がいかにブラック企業であるのかということが公にされたわけですが、当事者のツイッターが鍵つきになったことをきっかけとして、その壮絶ともいうべき書き込みが話題になっています。

電通に入社1年目の女性が、月130時間の残業、しかも睡眠時間は2時間だなんて常軌を逸しているとしか思えない。電通という企業のブラック体質はひどいですね。自分の知り合いにも、ここまでひどくはなかったですが、証券会社に入ったことで激務続きでうつ病を患いボロボロになってしまった女性がいるので身近な話題に感じてしまいます。

電通という企業の実態がわかるツイートの数々

▼ 朝の3:55分にこれから帰宅。

電通 過労死001

▼ 朝の4:06分にこれから帰宅。

電通 過労死02

▼ 精神や体力が毎日摩耗していく。

電通 過労死03

▼ ハンパない激務を押し付けてこれはないだろ

電通 過労死04

▼ 愚痴も言えない環境下での仕事場か・・・辛いな。

電通 過労死3-0

▼ ちょっと精神、病んできてたのかもね。

電通 過労死3-1

▼ ちょっとヤバイ、壊れかけてる。

電通 過労死3-2
電通 過労死3-3
電通 過労死2-1
電通 過労死2-2
電通 過労死2-3
電通 過労死2-4

電通と言えばネット上では悪名高き企業の1つとして有名ではありますが、このような企業体質が明らかになったことで今後どのように変わっていくのかみんなが注目することになるでしょうね。就活すをこれからする人、している人、ネームバリューだけで企業を選んでしまうと大変なことになりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。