炭水化物×私のダイエット夢小説が面白すぎる!!

年頃の女性であれば、いや年頃でなくてもダイエットに興味があるのは当たり前かと思うんですけど、今回ダイエットを決意した一人の女性(肥満児(+1.6))が、炭水化物を大好きな彼という設定の中で夢小説を書かれていました。

ちょっと興味半分、その夢小説を読んでみたら、これがすこぶる面白かった。うん、ダイエットを決意する時ってこんな感じで気持ちが動いていくよなぁ~なんて少し共感しながら読んでしまいました。

一度でもダイエットしよう!と決意したりダイエットに取り組んだことのある人ならば共感するところが多いかと思いますので是非、読まれてみてください。

炭水化物×私の夢小説

CgMoP2cUYAAvQBL
CgMoP20UIAAhC2A
CgMoP5RUEAA_Nkw

画像が見れないときがあるようなので、会話風にして書き起こしておきます。

ワタシ

私達しばらく距離を取った方がいいと思うの。

短い沈黙のあと、眉も動かさずに彼が言った。

炭水化物

なんでそんな無理してんの

ワタシ

無理なんかしてない、普通だよ。

炭水化物

うそ、無理してる。最近おかしいもん。明らかに俺のこと避けてるでしょ。ねぇ、なんでそんなことすんの?

腕をつかむ手にぎゅっと力が入った。だめだ、逃げられない。

ワタシ

い、痛いよ

炭水化物

あっごめん。でもほんと何があったの。

二の腕に食い込ませていた指をほどき、そっと手を握られる。指先は凍ってるみたいに冷たかった。彼の不安が伝わってくる。

ワタシ

別になんにもないよ。ほんと、ほんとになにもないから、炭水化物は気にしないで

炭水化物

気にするよ!なんで俺の目見ないの。ちゃんと俺のこと見ろよ

見れない。見れるわけない。視線を斜め下に落とす。照準が定まらないまま足下をぼんやり見つめた。

ワタシ

なんでもないからーーーーー

言いかけたワタシの頬を彼の両手が包み込んだ。ぐっとあごが上げられる。視界に飛び込んできたのは悲しそうな、でも少し起こったような彼だった。大好きな瞳。毎日一緒だった。ずっと一緒にいたい。もちろんこれからも、ずっと。でもーーーーー。

ワタシ

もうだめなんだよ

炭水化物

は?

ワタシ

私たち、一緒にいる時間が長すぎたんだよ。こんなのよくないに決まってる。

炭水化物

何言ってんだよ、全然納得できない。ちゃんと説明しろよ。

ワタシ

ーーーーーっ 体重が!体重がお父さんより重くなったの・・・っ!

彼の目が大きく見開かれる。

炭水化物

そ、そんな、何かの間違いだろ!150センチもないお前が161CMの父親の体重を超えるなんて・・・

ワタシ

嘘じゃない!私、聞いちゃったの・・・お父さんの口から・・・

黙りこむ彼。そりゃそうだ。おかしいに決まってる。父親の体重を超える21歳の女なんて・・・

ワタシ

人生で最高の体重も記録したんだよ。BMIだって爆発的に増えた。こんな数字私もはじめて見たよ・・・でも現実なの。

炭水化物だって思ってるんでしょ!成長期の男子中学生かよっ!さっさと相撲部屋入れよ、この豚って!いつ出荷されるんだろうって!

彼は私を黙って見つめたままだ。

ワタシ

でっ、でもね、私、炭水化物なくなって平気だよ。タンパク質取るから。すごいんだよ、タンパク質って!糖質制限の間はどれだけ食べてもいいの!脂質だってマヨチュッチュだってできちゃうんだから

平気なもんか。平気なわけない。毎日いっしょにいたんだもん。パン、パスタ、うどん、そして、米ーーーーー。大好きだった。ううん、今でも大好き。一番すき。白米をおかずに白米食える。

だけどこれは前向きなお別れ。いつかまた出会うためのーーーーー。

ワタシ

ねえ、泣かないで。大丈夫。痩せたら・・・痩せたらまたドンドコ炭水化物食うから。小麦粉最高!心配しないで。ちょっとだけ会えなくなるだけだよ。絶対痩せて、また会えるから。

炭水化物

・・・ズッ、分かった。でもあんま無茶すんじゃねえぞ、糖質以外なら何でもいいからって揚げ物とか肉ばっか食ってたらカロリーオーバーで結局痩せらねえんだからな。

ワタシ

もう!またそんなNAVERまとめみたいなこと言うんだから!

顔を見合わせてぷっと吹き出す。

大丈夫。また会えるよ。

fin

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。