テレビのメディアが、またもや悪意の偏向報道

先日、安倍首相の政治は本当に悪いのか? よく考えてみてほしいという紹介記事にも少し書きましたが日本のマスコミ、そして主婦層やテレビメディアからしか情報を吸収しない層の方には多大な影響を及ぼすテレビメディアの偏向報道がまたもや暴露され話題になっています。

しかも今回は随分と悪質極まりない手口で、安倍首相が言っていることとは真逆の意味をテレビを通じて国民に知らせるという奇行にはしっています。もう憲法改正を反対する勢力が議論が本格的になる前に今からネガティブキャンペーンを繰り広げている感じですね。

マスコミの偏向報道が明らかに

▼ 個人的には、この方の意見に大賛成です。

それにしても日本のマスコミも、もはや末期的なところまできているのかもしれません。マスコミがこれじゃ本当に国民ひとりひとりが何が正しいのか?ということを見極める目を持つ必要がありますね。

スポンサーリンク