【ちょっと泣いた】 天国のおじいちゃんに向けて歌う認知症のおばあちゃん

私の母親も認知症を患っていましたので、なんとなくですが認知症という言葉につられて「吉本ユータヌキ」さんのマンガを読んでみたんですが、これがなんだかとても切ない気持ちになり、ちょっとだけ涙腺が緩んでしまいました。

吉本ユータヌキもおっしゃられていましたが、もしこの先同じようなことが我が家に起こってしまった場合、自分も妻には覚えていてもらいたいので、それだけの愛情とかを捧げられる人になりたいな、と柄にもなく思える自分に出会えました。

認知症のおばあちゃんの話

20160114164311

20160114164312 20160114164313

20160114164315
20160114164330

20160114164318 20160114164319 20160114164321 20160114164324 20160114164325 20160114164327 20160114164328

さすが、このマンガの作者である「吉本ユータヌキ」さんは、集英社WEBコミックサイトで【おもち日和】というマンガも連載もされてる方だけあって自然と自分が素直な気持ちになれるようなほのぼのしたマンガを描かれますね。

ちなみに、こんな感じのマンガです。

おもち日和

p001

p002 p003 p004 p005

p006

いかがでしたか?ついつい読んでしまいますね。もうこれはフォロー必死のアカウント。マンガを気にったら皆さんもフォローされてみてください。おすすめです!

スポンサードリンク
20160114164311

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。