彼女の最後の願い「愛犬に会いたい」が叶えられた感動的な瞬間

ブラジルの病院でおこった感動的な瞬間を収めた動画の紹介なんですが、主人公となる女性は末期がんの患者さん。

彼女はもう手の施しようがないくらいの状態で、最後に何度も何度も担当医に「愛犬に会いたい」という相談を持ちかけていたようです。

ただ、病院側としては犬を病院に入れるということは、感染の問題等もあり、なかなか受け入れがたい願いだったそうですが、彼女の熱意に心が動かされたんでしょうか? ついに病院側も「彼女の願いを叶えてあげたい」という気持ちで病院の規則に例外を用いることにしたそうです。

そして、ついに彼女は、愛犬との再会を実現することになったのですが、そのときの様子を撮影した動画が次の動画になります。

愛犬との再会を果たした瞬間の動画

最後の方に周りのスタッフの方々もやさしくも温かい雰囲気で彼女と愛犬を見守っている姿、そして何よりも彼女とともに再会を待ちわびていたであろう犬の喜び方に、涙を止めることができない状態になってしまいました。

病院側としても直接、彼女の病室にまで犬を入れることは出来ないけれど、感染の危険がないところまで彼女を連れて行き、医師やスタッフが見守る中でだったらということで、例外にしたそうなのですが、病院の計らいにも感動させられますよね。

本来、規則やルールっていうのは、規則やルールの為のものではなく、人が幸せになる為のものであるはずだと思うので、規則に縛られることなく目の前の患者さんの幸せを願っての例外措置っていうのはすばらしいものだと思います。

もし、彼女が自分だったら、最後の願いに何になりますか?

スポンサードリンク
願い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。