50歳過ぎてアイドルにハマった方のコラムが面白かった

50歳をすぎているというのにアイドルにハマり、そこから新たな人脈を形成していった方のアイドルの現場という新聞に掲載されたコラムを、なぽさんが画像をツイートされていたんですけど、若干引き気味で読ませていただきましたので、ご紹介。

自分の娘ぐらいの年齡のアイドルにハマるというのは、自分では考えられないことではありますが、自分の趣味を通じて人脈を築けた、ということは素晴らしいことだな、と素直に感じられました。ただ、コラムの最後の方に書かれていた「アイドルは人生を豊かにする」という言葉がありましたが「趣味は人生を豊かにする」とした方が良かったのでは、などと考えてしまった。人間性を疑う気持ち悪い趣味一覧はこれだ!ということもありますしねw

アイドルは人生を豊かにする。

Clbn5YMUsAAAHtW

アイドルの現場

今から3年前、齢52歳にして突然アイドルにハマった。おかげで、「モーニング娘。」「℃-ute(キュート)」「アンジュルム」「こぶしファクトリー」など、ハロー!プロジェクト各グループの現場(ライブやイベント会場)に毎週のように通う日々。

まさか、この年齡になって、オールスタンディングのライブハウスでペンライトを振りながらアイドルの名前を叫ぶことになろうとは。・・・と思ったが、現場に行ってみると同年配以上の客も多く、中年の趣味として定着している模様。

そのため交友関係も一変、ハロプロ愛好者の知り合いが急増した。

中でもやたら遭遇率が高いのは、中年ドルヲタ(アイドルオタク)の星、嶺脇育夫氏。年齡は僕より6歳下だが、この道15年の大先輩。タワーレコードの社長なのに、ファンクラブに入って自腹でチケットを買い、あちこちのライブに気軽に出没する。

結果、この1ヶ月だけでも、新宿の区民ホールに千葉県のライブハウス、中野サンプラザ、日本武道館など、いろんな現場でばったり出くわしてきた。

あんまりよく会うので、2月に僕が出したアイドル入門書では、嶺脇社長を巻末対談のゲストにお招きし、力強い言葉を頂いた。即ち、「アイドルは人生を豊かにする。」

けだし、名言。

スポンサードリンク
Clbn5YMUsAAAHtW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。