現役女子大生が失禁体験のイベントに参加してみた

なんでも「女子大生が失禁体験… あたしが仮想おもらしで感じたすべて」なる動画のタイトルに惹かれて観てしまった動画なんですけど、これが予想以上に面白かった、というか参考になったのでご紹介。

これは4月29日・30日に幕張メッセで行われたイベント「ニコニコ超会議2016」のなかでのブースのようなんですが、女性がこのブースに足を踏み入れるだなんて随分と勇気のいることだと思います。が、そんなそぶりも見せずにブースにて失禁体験に挑みます。

失禁体験のイベントに参加

▼まずは何やら怪しげな椅子に座らされるようです。一体どんな仕掛けなんだろう?

p01

▼体中に色々と装置を装着し椅子に座って待機。

p02

▼目隠しをし、水?を飲んだら失禁体験がいよいよスタート

p03

▼あははは。ヤバイ!何コレ!と悶絶のご様子。

p0

続きは動画で

こういう映像を見ているとおふざけのように見えますけど、実はこれ福祉に大いに役立てたいとの思いからこういったものを開発されているらしいのです。年を重ねると尿意を感じられなくなったり、気づかないうちに失禁してしまうケースが多いようなので、そういう面で役立ちたいと。

ちなみに女性の失禁の感覚っていうのは自転車のサドルに濡れた雑巾を置いて、そこに乗った感じとのことですが、当然男性と女性とでは場所が違いますのでこれからデータを集めていきたいそうです。

男性の体験者は多いのでデータを集められるようですが、なかなか女性のデータが集まらないので、大変貴重なデータだったようです。これを事前に知っていればちょっと体験してみたかったな。

スポンサードリンク
p0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。