愛する人を信じ、待ち続ける犬の姿が涙を誘う

2ヶ月もの間、愛する飼い主が迎えに来てくれるのをひたする信じ、道路の片隅で待ち続ける忠犬がタイで発見され、保護されたようです。

日本にも、その昔忠犬ハチ公がいたましたが、犬ってホント!一度愛情をかけたらよっぽどのことがない限り人を裏切ったりすることはしないですよね。

そんな犬の行動が、余計にせつなくもなり人々の涙を誘うのですが。

自分を捨てた飼い主を信じ、迎えに来るのを待ち続ける犬

はじめはこの道を走るドライバーも犬の存在に気づきながらも気にも留めていなかったようなのですが。

thai-dog-rescue-3

雨が降ったとしても、来る日も来る日も、その犬は道路の片隅に佇んでいる姿を見て、タイの人々捨て犬ではないのか?と思うようになったようです。

thai-dog-rescue-11

そんな、愛する飼い主を待ち続ける犬に何かを感じたのでしょう。
多くの人々が、この犬を保護しようとするのですが、人が近づくと犬は逃げていってしまい保護することがなかなかできない状態に。

thai-dog-rescue-5

そんな状況の中、日中には38度にもなるタイの暑さ。
人々は持っていた傘を使って、少しでも日除けできるように簡易で作った家ができあがったという。

thai-dog-rescue-10

また、食事もまともに摂れていないだろうと食事も置いていったりしていたらしい。

thai-dog-rescue-7

それでも犬は、愛する飼い主が迎えに来てくれても自分に気付いてくれないことを恐れたのか?
傘の家に入ろうとはせず雨の中、濡れながら飼い主を待っているのでした。

thai-dog-rescue-2

食事に関しては少し受け付けてくれていたようで、皮と骨だけになってしまうような状況は少しだけ避けられたようです。

thai-dog-rescue-12

そんな人々の愛情を受けながら2ヶ月もの間、愛する飼い主が必ず迎えに来てくれるんだ!と信じ続け、待ち続けてた犬ですが、この犬のことがネット上に広まり大きな反響を呼んだそうなのです。

thai-dog-rescue-91

そして動物保護施設「Soi Dog Foundation」によって無事、保護されたようです。

けど、命が助かり、無事、保護されたとはいえ、この犬の心のなかはどうなんでしょう?
新しい飼い主が見つかり、そこで今まで以上のたっぷりの愛情を注いでもらえれば幸せかもしれません。

けど、犬は一度愛情を受けると決してそのことを忘れることはない、と言いますから心の何処かで自分を捨てた飼い主であっても「もう一度会いたい!」と思い続けたりすることになるんでしょうか?

そう思うと、ちょっと涙がこぼれてきてしまいます。

犬を飼われている皆さんは、決して犬を捨てたり自分の勝手な都合で保健所に連れて行ったりしないようにしてくださいね。

スポンサードリンク
thai-dog-rescue-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。