とにかく明るい安村の疑問に対する奥さんからの手紙の内容に感動

とにかく明るい安村、と聞いて今や知らない人はあまりいないだろうというほど人気者になっていますけど、やはりこういう芸人さんって下積み生活が長くて色んな苦労をしている人が多いですよね。

そんな、とにかく明るい安村さんが、「解決! ナイナイアンサー」という番組で、それまでの苦労話などを語っていたようです。

下積み生活

下積み生活を支えてくれたのは、紛れも無く奥さんなんですが、そんな奥さんと出会ったのは先輩芸人に誘われたコンパで知り合ったらしい。しかも一目惚れだったそうです。

結婚を決意

当時「アームストロング」として活動していたとにかく明るい安村さんですが、仕事も少なく芸人として稼いだ給料は月5万円ほどしかなかったらしい。

当然の結果として、奥さんとのデートでも極力お金を使うことをせずに、食事はデパ地下の試食ですませたり、焼肉屋に行ってもドリンクも頼まず、タン一人前を2人で分けて食べていたそうです。

当時を振り返り、奥さんは何も文句を言わなかったのですが、とにかく明るい安村さんは、彼女に申し訳なく思っていたようです。

そして、奥さん(彼女)のふとした発言を聞いた時、彼女の冷静さに気づき自分と違う考え方を持つ彼女に惹かれ、結婚を決意。

ピン芸人へ

芸人としての仕事とバイトの収入を合わせても月に7万円ほどの収入しか無かったとにかく明るい安村さん。奥さんの貯金を切り崩しての生活が続いたようです。

しかし、結婚し、守るべきものができたとにかく明るい安村さんは、自分が芸人を目指しているから家族を苦しめていると思い、きっぱりと芸人の仕事を辞め、まじめに働き、奥さんと子を養っていこうと決断。すると、あまりしゃべらない内向的な人という奥さんから、思いもよらない答えが返ってくることに。

妻は「芸人は続けたほうがいいよ。ピンでもやったほうがいい」と芸人を続けることをすすめた。この時、妻は初めて感情をあらわにしたという。しかし、安村は「止めてくれたのはなぜか分からない」と語った。

その言葉に後押しされた、とにかく明るい安村さんは、コンビ芸人として活躍していた「アームストロング」を解散してピン芸人への道を決意。

ピン芸人としてブレイク

ピン芸人としての活動を始めた、とにかく明るい安村さんは、半年後に大ブレイクを果たします。そう今や誰もがしっているフレーズ。

「安心してください。履いてますよ!」とともに。

ある疑問

ただ、とにかく明るい安村さんには、ある疑問があったというのです。それは、「こんな自分と何故?ずっと一緒に居てくれたのか?」ということ。

安村は番組の企画として、妻に「支えてくれて感謝してます。俺のどこがいいの?」と尋ねた。妻は「何?マジで?本当に思い浮かばない」と照れて答えなかった。後日、番組宛てに妻からの手紙が届いた。

奥さんからの手紙

いきなりの質問にとまどい言葉が浮かんでこなかったのか、それとも一緒にいることが奥さんの中では当たり前だったからなのか、番組内での返答はしなかったようなのですが、後日、届いた手紙の内容がコチラ。

やすしくんへ

こんな私だから普段は言えないこと、面と向かって言えないことを手紙で伝えます。

出会って10年、結婚して4年。
なんであんな生活なのにそんなに太ってしまったんでしょう。不思議です。

牛タンの最後の1枚を食べたいという気持ちが顔に出てしまう素直な人。
その時、この人のそばにいたらきっと幸せな家庭を築けるだろうと思いました。
お金がなくてもあなたといたら不思議と楽しい。

あなたが芸人をやめたら、そんな笑顔で明るいあなたを見られなくなると思ったのです。
笑顔の絶えない家庭を築けているのも全てあなたの『とにかく明るい』人柄のおかげです。

安心して下さい、ずっと一緒にいますよ

いかがでしたか?この手紙の内容。
自分が苦労していた頃、奥さんに支えてもらった当時の自分と重なり、思わず感動し涙が出てきてしまいました。

それにしても、こんな素敵な奥さんで良かったですね。これからもお幸せに!

スポンサードリンク
29431297FMtKm6P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。