紹介されていた「バッタを倒しにアフリカへ」がすげぇ~面白そうなんだが

mnemonic(←読めない)なんたら (@mnemonic_MB)さん』がツイッターで「バッタを倒しにアフリカへ」という本を紹介されていたんですけど、特にバッタに関して何の興味もない自分が思わずツボってしまい速攻で購入してしまったほどのインパクトでございました。

この「バッタを倒してアフリカへ」を書いた本人が、ツイートに降臨されていたりしたのも手伝って興味がそそられたんですけど、それより何よりも著者がバッタアレルギーであるにも関わらずバッタ研究なんぞされているのか? そもそも何故?バッタに興味を持ったのか?など俄然、著者に対する興味が湧いてきてしまったのであります。

バッタを倒しにアフリカへ


本の表紙とともに、まえがきのインパクトはすごいですね。今までまえがきというのはプロローグ的な感じで、さほど興味がなかったのですが、今回の件でまえがきの重要性というのを理解できたような気がします。

スポンサーリンク