犬は10の方法で愛情をアナタに伝えてるんだよ

犬を一度飼えば、本当!犬って、家族の一員になってしまいますが、家族とはいっても人間同士ですら相手の気持が分からない場合も多々ありますよね。ましてや犬となると話せないわけですし。

そこで今回は、家族同然である犬の愛情表現について分かりやすい記事がありましので紹介させていただきたいと思います。

犬は10の方法で愛情をアナタに伝えてるんだよ

じっとアナタを見つめてくる

犬の愛情表現08

人間でもそうですけど相手をじっと見つめるっていう行為は、アナタに「愛してるよ」というサインを送っていること。この時にアナタも見つめ返してあげれば「愛してる」のサインを送りあうことになり、さらに深い絆で結ばれるようです。

犬は溢れんばかりの愛情を注いでくれる

犬の愛情表現02

Bernsさんによると犬という生き物は人間が自分に対して愛情を注いでくれているのかどうか?ということを気づいているようなんです。ということは、愛犬に対してたっぷりの愛情を注いであげることをすれば犬は必ずそれ以上の愛情をアナタに注いでくれる。

科学的にどうなのかは分かりませんけど、実感としてこれを感じることがありますので犬を飼っている、もしくは犬好きの方には分かりますよね。

食後にアナタに寄り添ってくる

犬の愛情表現01

エモリー大学で神経経済学の研究をしているGregory Bernsさんのの書籍『How Dogs Love Us』によると、食後に愛犬が自分に寄り添ってくる行為というのは、本当にアナタを「愛している」という証拠なのだそうです。

犬にとっては、食事を摂るということは一番大切な行為。そして、食後にとる行動というものが犬にとって2番めに大切な行為になるというのです。そういえば我が家の愛犬も食後に膝の上に乗っかってきたり体の横にちょこんと伏せていたりしたなぁ~なんて思い出しました。

家に帰宅した時にしっぽを振って喜んでくれる

犬の愛情表現03

もうこれは非常に分かりやすい愛情表現ですが、玄関のドアを開けたら飛んできてくれたり、ちぎれんばかりの尻尾フリフリは仕事での疲れを一気に吹き飛ばしてくれ大いに元気づけてくれるものですよね。

顔中ペロペロされたり、口の中や鼻の中にまで舌を突っ込んできたりと時には、やりすぎじゃね?って思うときもしばしばありましたがw

外出する時、おとなしくアナタを見送ってくれる

犬の愛情表現04

この行為、管理人は勘違いしていたんですが、犬がアナタをおとなしく見送ってくれているということは信頼関係があればこそ!であって、必ずアナタは自分の元に戻ってきてくれるという安心感からくる行為なのだそうです。

これとは逆にアナタが外出する時、吠えたり寂しそうな表情をするのは、アナタを信頼しきっていない証拠なんだとか。

なんか寂しそうな表情をしてくれないと、こっちが寂しい気持ちになったりですが、そういえば飼いはじめた頃には、お留守番は、すぐに察知するようで吠えたりしてたんですけど、いつのまにか吠えるということがなくなっていたかも!?

左側のまゆ毛をピクピクさせる

犬の愛情表現05

犬は親しい人に会う時などは左のまゆ毛をピクピクさせ、初対面の人と会うときなどは右のまゆ毛をピクピクさせるというなんだとか。

さらに耳でも感情表現をするそうなのですが、幸せな気分の時には左側の耳をピクピクさせ、嫌なときには右側の耳をピクピクさせるらしいです。

全く関係ない話かもしれませんが、奥さんと愛犬のことを話していたりする時には耳をピクピクさせていたような。どっちの耳だったか忘れてしまいましたが。

顔をスリスリしながら寄りかかってくる

犬の愛情表現06

寄り添ってきたり寄りかかってくる行為というのは、何かの不安を抱えていたり、お散歩など外に連れて行ってほしいとか何かをして欲しいときに取る行動なのだそうです。

つまりは、アナタを頼っているという行為なので、もし愛犬がアナタに寄りかかってくるようであれば、アナタを頼っているということのようです。

これは人間で言うと甘えているという行為に似ているのかもしれませんね。いずれにせよ信頼関係が出来ているということなんだと思います。

アナタの寝室で熟睡してる

犬の愛情表現07

これは非常に強い愛情を示しているのかもしれません。アナタの寝室、ベッドの上や匂いのついた服の上などで愛犬が寝ているようであれば、犬は寝ている時でさえアナタとずっと離れずにそばに居たいという気持ちの表れなんだとか。

言われてみれば、我が家の愛犬は、管理人の古いジャンパーがお気に入りの場所だったようで、いつもジャンパーの上にいたような。途中で汚くなってきたので捨ててしまったことを後悔していますが。

あくびをしたら犬も同じようにあくびをする

犬の愛情表現09

人間の場合であれば、無意識の共感性からくる「つられあくび」みたいなものって誰しもが経験していることと思いますが、犬の場合は相手をよく観察して信頼しているからこそ「つられあくび」をしてしまうんだそうです。

以前、夫婦であくびを連発していた時に、愛犬まであくびをしだした時には、あくびって人間だけじゃなくって犬にも移るもんなんだねぇ~なんて話していたことがあったんですが、こういうことだったのか!とわかったような気がします。

大好きなおもちゃをもってくる

犬の愛情表現10

これもちょっと勘違いしていたのですが、犬にとって一番大好きなおもちゃを持ってくるっていう行為は必ずしも遊んで欲しいということではないようなんです。

アナタを大切な人だと認識しているからこそ一番大事にしているおもちゃを大切な人と共有したいと思っているということのようなんですね。

犬と私の10の約束

いかがでしたでしょうか?
我が家の愛犬(パピヨン)は数年前に虹の橋へ旅立ってしまいましたが、先日兄弟が飼っている犬(チワワ)を3日ほど預かっていたので、なんだか犬のことに触れたくなってきてしまい、こんな記事を書いてみました。

本当は、また犬を飼いたい気持ちもあるのですが、17年弱いつも一緒にいた愛犬がいなくなってしまったときの悲しみが強く、まだ決心できない状態なのであります。

けれど、もしまた犬を飼うときには(その時には2匹にしようと思ってます)改めて「犬と私の10の約束」を見て新しい家族を迎え入れたいと考えてます。

スポンサードリンク
犬と人間の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。