マスゴミに対する憤りと自衛隊に対する感謝の声を見聞きすると避難所の実態が分かる気がする

熊本で地震が発生がしてから約1週間ほど経過していますが、ママスゴミに対する怒りや憤りの声が増えていく一方、自衛隊の方々に対する感謝の声は増えるという現実を見ていると、災害時における対応に対して政府はマスゴミ対応や対策についてある程度の規制が今後必要になってくるのではないかという思いが最近は募ってきた。

例えば自衛隊の方々は、自分たちで作った温かいご飯は食べずに、避難所にて炊き出し等で温かい食べ物を被災された人たちに提供しているというのに、マスゴミの人たちは食べ物を持参することなく、現地で食料不足が叫ばれている中であっても現地で食料を調達しているという現実。

自衛隊の被災地でも活動

一部ではありますが自衛隊の方々がどのように被災地で活動されているのかといったことを多くの方がツイートされています。

自衛隊のなかでの規則みたいなものがあるのでしょうか?感謝の気持ちからくる差し入れすら受け取らず。

マスゴミの被災地での活動

一方、被災者の為に、という思いはみじんも感じられず視聴率のための画を撮りたいという思いの中で現地で活動しているマスゴミには怒りや憤りといったツイートが日を追うごとに増えているのが現状です。

mbs

▲そう言えばこの山中真という男、4年前の自民党総裁選での安倍晋三陣営の「カツカレー騒動」の火付け役となった人。因果応報とはこのことで、今までいろいろと誤魔化してきたことが巡り巡って自分への批判につながっていったのではないでしょうか?

取材禁止の場所で強引な現地レポートで避難所から罵声を浴びる

他にもホテルを片っ端から予約しまくった挙句、状況が変化するたびに都合のよいホテルだけに絞り他はキャンセルしまくり。家を失いホテルに泊まりたい方もいらっしゃるというのに無駄にホテルが埋まっているという現状など。

そんな現地での憤りや怒りといったものが、あちこちにあふれかえってきているのを物語っているように次に紹介するようなことまで放送事故として流れてしまうお粗末ぶりを露呈。

ちなみにこの避難所せは取材禁止の張り紙を張っているにも関わらず強引に現地レポートをしようとした挙句に起こった出来事のようです。

また、この放送を観た人たちの中で文句を言った人に対する非難が出てきてしまっているようなのですが、本来、取材や撮影を禁止している場所でありながら強引に取材をすすめるテレビ局に対して、避難所にいるすべての方の総意でもあるようです。

CgkJ106UUAE3N4j

取材と称し二人の子供をびしょ濡れにさせる

さらには自分たちが欲しい映像を映したいがためにどしゃぶりの中待っていた少女たちを外に追いやりずぶ濡れにさせていたり。自分たちが取材をしに来てやってんだからオマエ達はどけろ!とでも思ってるんでしょうか?もうちょっと考えてほしいもんです。

miyaneya

miyane

▼さらにはテレビ朝日は女子トイレで盗撮まがいのことまでしての現地取材

864fa0fe

ここまでくると呆れはててしまいますが、今後災害が起こってしまった時には民放のテレビ局に対して何らかの規制が必要なのではないでしょうか?

そしてこういった批判の声が多数あがってきていることをマスゴミの人たちも承知しているからでしょうか?
今度はSNSなどのネット上の情報には嘘がたくさんあるから信じないように!!などという放送がされていました。まったく。

それでも今はひと昔前と違ってネットからの情報も併せてみることで事実をみることができるようになってきているような気はしています。

スポンサードリンク
miyaneya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。