オバマとプーチンの2ショット写真が2国の関係を象徴的に表してる

オバマがロシアによるシリアでの空爆について、過激派組織である「イスラム国」に標的を絞るべきだと主張したことに加え、ウクライナ情勢においても、オバマ大統領は、ロシア側が今年2月の停戦合意を順守すれば、対ロ経済制裁緩和もあり得るとしたことなど、なんだかきな臭い世界情勢。

そんな中、オバマ大統領とプーチン大統領の2ショット写真が公開されていましたが、これが、あまりにも今の2国間関係を象徴しているように感じてしまったのは、管理人だけではないはず。

オバマとプーチンの握手での2ショット

オバマとプーチン

それにしても、トルコ軍によるロシア軍機撃墜、そしてその対抗策としてのロシア側の輸入規制、さらに南沙諸島に関連するアメリカと中国の衝突など、世界がヤバイ方向に向かっているような。まさか今後の展開としては。。。。まさか、ねぇ。。。

全然関係ないけど、プーチンちょっと太った?

スポンサードリンク
オバマとプーチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。