とある日本人の勇気あるパスポート写真が話題に

とある勇気ある日本人のパスポート写真がツイッター界隈で話題になっていたんですけど、この発想はなかったという発言がとびでてきそうなくらいでございます。というか発想はあっても、これをやる勇気はなかなかない。

どんなパスポート写真なのかといえば以下の写真を見れば一目瞭然なのでアレですが、「これぞ!日本人。ジャパニーズスタイル!」ってな感じなんですよ。

ちょんまげにしたパシポート写真

Cl4eFRWWgAAVvAV

このちょんまげスタイルの髪型で、もうパスポート写真として有効になっているわけですから問題はなかったんでしょうけど、本当に大丈夫なの?という疑問も反応の中であったようで、次のように答えられていました。

ただ個人的に若干の疑問がのこっていたもんですから外務省のHPで確認してみましたところ、次のようになっていました。

  • 申請者本人のみを撮影したもの
  • 6カ月以内に撮影したもの
  • 正面、無帽、無背景
  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
  • カラーでも白黒でも可
  • 鮮明であること(焦点が合っていること)
  • 明るさやコントラストが適切であること
  • 影のないもの
  • 顔の縦の長さは、写真縦の70~80%(34±2ミリメートル)であること
  • 背景と人物の境目がはっきりしていること
  • 眼鏡のレンズに光が反射していないこと
  • 平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
  • ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと
  • 変色していないもの、傷や汚れのないもの
  • デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

また、出入国時の容貌とパスポート写真とが大きく異なる場合は、トラブルのおそれとなることがありますので、提出される写真については十分留意し、著しく平常と異ならないようにしてください。

大曲 都市さんのパスポートは10年前のもののようですので、大丈夫だったのかもしれませんが、上記の太字にした部分や備考の部分に今だったら引っかかる可能性がなきにしもあらずですね。

管理人の奥さんも、ちょ~っとだけ眉毛に前髪がかかっていただけで、アメリカなどの厳しい国の場合はダメなケースもあるので撮り直してください、と言われましたし、化粧の濃い人なんかは撮り直しっていうことも多いそうですから。

スポンサードリンク
Cl4eFRWWgAAVvAV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。