ある葬儀にどこからともなく現れた犬たち 彼らの目的とは?

動物愛好家である1人の女性が天国へ旅立つこととなったお葬式がメキシコで行われたのですが、そこで起きた感動的な出来事が話題になっていたようです。

彼女は生前、近くにいる犬や猫たちにエサを与え保護する活動をしていた人物。彼女がエサを与え続けた犬や猫たちは親を亡くしてしまったり飼い主に捨てられてしまったモノ達なので愛情深く世話をしたそうなのです。

そんな愛情深き彼女が闘病生活を送ることとなり、その間も動物たちにエサを与え続けていたそうです。しかし遂には病床に伏ししまい帰らぬ人なってしまいました。

葬儀01

そして家族が悲しみにくれる中、彼女のお葬式のための祭壇がつくられると、どこからともなく犬や猫、鳥達ががあらわれたのです。

葬儀02

葬儀に集まった犬や猫、鳥達

葬儀03

最初、家族たちは「この葬儀場にいる野良犬たちなんだろう」と思っていたそうですが、葬儀場の人もこの状況に驚いている様子で今まで動物が集まってきたことなど、ないらしいのです。

そこで、彼女の棺の近付き、ただそっと伏せている犬たちの様子を見て気づいたそうなのです。
「この犬はもしかして、母さんが世話をしていた犬たちなのではないか」。

葬儀04

彼女が亡くなってしまったこと、葬儀が行われることなど、犬たちには知る由もないのです。しかし棺を教会へ運びだそうとすると、犬たちもそれに続いて歩き始め、ずっと寄り添うようについてくるのです。

葬儀05
(18) Patricia Urrutia

この行動は、犬たちにとってどんな意味があったか分かりません。
けれど犬という生き物は自分を大切にかわいがってくれた人が死に至ってしまった場合、遺体の傍に行き、匂いを確認することで、その人の死を理解するようなのです。

そして、しばらくその場を離れずに伏している行動を取るようなのですが、犬にとってはそれが別れの儀式なんだそうです。

きっと別れを惜しんでいるんでしょうね。

それにしても、この女性、自分の葬儀に鳥や猫、犬たちまでも駆けつけてきてくれるんですから心の美しさというものがホンモノだったんでしょうね、きっと。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク
葬式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。