さおりんこと木村沙織が今年限りで引退を示唆

木村沙織さんのLINEブログが10月10日に更新され、「引退」という直接的な言葉や表現はありませんが、今季限りでバレーボールのユニフォームを脱ぐことを決意したような内容の投稿がありました。リオ五輪が終わってからいつ、こういう発表があるのかな?と思っていましたが、ついに来てしまったという感じがしています。

今年で50周年を迎えるVリーグ。

ここを自分のバレーボール人生
最後の場所に したいと思っています。

木村沙織選手のブログ – ご報告 –

我が家では木村沙織選手が全日本デビューする前からバレーボールを見てきましたが、木村沙織ほどずっとコートに立ち続けていた選手も珍しい存在だなと感じていました。ずっと中心選手でやっていたにも関わらず大きなケガをせずコートに立ちづけていた、カラダのケアをし続けてきたことは驚愕です。(柳本監督時代の起用法には未だに苛立ちを隠せませんが)

baf126d1-s

木村沙織 引退

以前、何かのテレビ番組で合宿中の肉体づくりについて聞かれたときに、木村沙織選手は他の選手がお菓子とか甘いものが食べれないことが不満だ、みたいな答えをしていたとき、「たった、その一口が今までのものをダメにする可能性があるのなら全く苦にならない」と発言をしておりました。

一事が万事という言葉がありますが、この発言を聞いた瞬間、元々カラダが柔らかいっていうのもありますが、カラダのケアもずっとやり続けてケガをしないカラダつくりをしてきたことが伺えます。ずっと高校生のイメージがある木村沙織選手ですが、もう30ですもんね。中途半端なケアをしているだけならカラダも硬くなってくるし現役としてもトップレベルで活躍できるはずがないですもんね。

d0fdad5e-s

まぁ~それはそれとして木村沙織選手、24番からスタートしたバレーボール人生、最後は2番でバレーボ-ル人生を締めくくるようです。

その後は、パナソニックで活躍した元バレー選手だった日高裕次郎との間に子供が出来た後、アラキングのように現役復帰ということも期待したいところですけどね。ずれにせよ最後の雄姿になってしまうプレミアリーグ。なんとか予定をつけて試合会場に足を運びたいものです。

スポンサードリンク
baf126d1-s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。