これは老人の戯言か?それとも席を譲らない人が悪いのか?

とある無職の老人が自由席のチケットしかないのに、自由席の車両が満席だった為に指定席車両に移動。その後指定席のチケットをみんな取って席に座っているにも関わらず、声をかけた人に席を譲ってもらえないことにご不満のご様子がうかがえる新聞への投稿が話題になっています。

最終的には、自由席車両に戻り席を譲ってもらえたようですが、個人的には席を確保したいのだったら先に指定席のチケットを取るべきであって、指定席のチケットを取っている人に断られたことに対して「虚を突かれた思いがした。」ということ自体、なにかがおかしいと思うのですが。

新幹線の三景

bfb6e3d9

暮れの新幹線。相当の混雑なので指定車両に移ってみた。ここも満席だったが、ふと見ると、座席に小さなバスケットが置いてあり中に小犬。隣に若い女性が座っていた。

早速「ここ空いてますか」と尋ねてみた。すると、その女性は、「指定席券を買ってあります」と答えた。私は虚を突かれた思いがした。

改めて車内を見渡すと、多くの立っている大人の中、母親の隣で3歳ぐらいの男の子が座っている座席もある。あれも指定切符を買ってあるのだろう。

仕方なくいっぱいの自由席に戻ると、ここにも学童前と思われる子が親の隣に座っていた。
懲りもせずにまた「ここ空いてますか」と尋ねると、母親は仕方なさそうに子どもをひざの上に乗せ、席を空けた。私はその座席で居心地の悪さを感じながら、この新幹線の中での三景をどう考えたらいいのか自問した。

「この新幹線の中での三景をどう考えたらいいのか自問した。」と括っているあたり、この老人はチケットの有無に関わらず席を譲ってもらうのが当たり前という前提で考えているところがおかしいように感じると同時に自己中心的な考えであることに気づいていないのではないでしょうか?

スポンサードリンク
bfb6e3d9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。