制作時間は何とっ!1000時間以上、コオリティが高すぎる20分の1スケールのシンガポール航空のエアバスA380

恐らくほとんどの人が驚愕してしまうであろうペーパークラフトの動画になるんですが、アメリカ人のLuca Iaconi-Stewartさんという方が制作したシンガポール航空のエアバスA380(20分の1スケール)のミニチュア紙飛行機が半端なくスゴイので是非ともご覧になっていただきたいのであります。

制作時間は、何とっ!1000時間以上というから、それだけでも気が遠くなりそうですが、実際の作業工程は、厚手の紙を各パーツごとにカッターで切り抜き、接着剤を使って組み立てていくというものなんですよね。

飛行機(20分の1スケール)の製作工程

しっかり可動式になっています。

トイレ

エコノミー

エコノミー

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミー

ビジネス

ビジネス

ファースト

ファースト

スイート

スイート

完成

エアバスA380

動画

インスタグラム

いかがでしたでしょうか?驚愕してしまいましたでしょ?

今回、このシンガポール航空のエアバスA380(20分の1スケール)を制作したLuca Iaconi-Stewartって高校生の時にエアインディアのボーイング777-300ERを1/60のスケールを作ったことで(完成には5年の歳月)、一躍有名になった人なんですって。

下世話な話、これを制作するのにどれくらいの費用というかギャラは発生したんでしょうか?これだけ精巧につくられているのであれば相当な金額が必要だったような気がしてなりません。

スポンサードリンク
エアバス01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。