高3の「英語で話す力」が目標到達率たったの11%らしい

文部科学省が、中学3年生と高校3年生を対象に実施した英語力調査の結果を公表し、中学3年生、高校生3年生ともに国の目標レベルに到達していないことが分かった、とのことでしたが、何か個人的にはわざわざ調査しなくても分かっていたことなんじゃないの?なんていう気がする。

学校での英語の勉強ってなんかこう、話す(英語でのコミュニケーションとる)ための英語じゃなくって受験とか試験ありきの英語って感じがしていましたしね。

そもそも日本って島国だから、英語でのコミュニケーション能力なんて必要性を感じない人も多いような気もしますけど。

そんな風に感じている人ってツイッターを眺めていても似たようなことをツイートしている人もけっこういますし。

ネットでの反応

こういう反応というか、自分もそう思ってはいたんですけど、最近は英語でのコミュニケーション能力の必要性をものすごく感じるようになってきているんですよね。

こんな記事を読みながら今後、英語の勉強をしていきたいと思います。

スポンサードリンク
YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。