これはトリックアートなのか? 騙し絵のような自然界に現れた神秘の絶景11選

もうこれはトリックアートと呼ばれるような代物ではないのか?と思わず疑ってしまうような神秘の絶景が映し出された11枚の写真をご紹介。

このような写真を見てしまったら最後、死ぬまでに一度はこの目で見たくなってしまうようなものばかりですが、個人的にはモーリシャス諸島で見れるトリックアート的な絶景を見てみたいですね。

まるでだまし絵のように見える自然の造形美

1.ウユニ塩湖(ボリビア)

es01

もう有名すぎるほど有名なウユニ塩湖ですが、実際には男性がジャンプしているだけであるにも関わらず、まるで空中浮遊しているように見える。

2.モーリシャス諸島(インド洋・モーリシャス共和国)

es02

まるで海のなかに大きな滝壺があるように見える写真ですが、これは、砂と沈泥の堆積が生み出したことによるもの。

3.スカイパンチ(skypunch)

es03

これは空に現れるUFOのように雲が形成される気象現象になりますが、スカイパンチと呼ばれています。巨大な円形あるいは楕円形の空洞で、通常は絹積雲または高積雲の中で起こる現象。

4.ヤコブの井戸

es04

5.ナミブ-ナウクルフト公園(アフリカ・ナミビア共和国)

es05

一瞬、なにかの風景画のように見えてしまいますが、実際には木々の上方に写る砂丘の赤色の濃度が高いことで、このように見える。

6.バハ・カリフォルニア砂漠(メキシコ)

es06

一見すると、雪の上の枯れ木を写した物にみえてしまいますけど、この『枝』は、砂漠を通して広がっている川。

7.グレン・キャニオン国立保養地(アメリカ・ユタ州)

es07

8.ティント川(スペイン)

es08

まるで炎の竜巻に見えますが、実際は川筋にある鉱山が川に映し出されたもの。この地域には銅山、銀山、金山などさまざまな鉱物が埋蔵されており、これらが複雑な色調を生み出している。さまざまな色が混じって炎の竜巻や雷に切り裂かれる空、オレンジの雲などの自然景観を生み出している。

9.アリゾナ朱砂断崖(アメリカ・アリゾナ州)

es09

巨大な絵画ように見えますが、これは何百万年もの時を経て不均等に浸食されていった岩盤の堆積によって形成されたもの

10.長掖丹霞国家地質公園(中国・甘粛省)

es10

まるで宇宙の惑星の地表のように見えますが、2億4000万年以上もの時間をかけてゆっくりと確立していった赤い砂岩と鉱物の堆積の集大成。

11.ヨセミテ国立公園(アメリカ・カリフォルニア州)

es11

赤く燃える溶岩が流れているような光景から「ファイアフォール(火の滝)」と呼ばれる極めて稀に起こる自然現象。この稀な自然現象は、雪解けの水がこの滝を落ちる時期、ちょうどこの滝に夕日が確実に差し込む時期、太陽の光をブロックしない雲が無く晴天という、3つの条件が整って見ることが出来る。

Las mejores y sorprendentes ilusiones ópticas creadas por la naturaleza

スポンサードリンク
es02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。