台湾からの義援金で再建された志津川病院が4年9ヶ月ぶりに開業

台湾からの義援金のおかげで再建することが出来た旧志津川病院が建設費約56億円のうち22億円、台湾の支援を受け南三陸病院・総合ケアセンター南三陸として4年9ヶ月ぶりに再開したというニュースがツイッター上で流れていました。

病院が再建されるまでの間は仮設診療所での医療活動を続けてきたようなんですが、再建されるまでの期間はもちろんのこと、再建された病院が台湾からの義援金によって再建できたということをツイッターで知ったことに違和感を覚えてしまいました。

南三陸病院

何故?こんな大事なことを新聞やテレビなどのニュースで知ることができなかったんでしょうか?もちろん最近はテレビを観る機会が少なくなっているのもあるかもしれませんが、テレビなどでこのニュースは伝えられていたんでしょうか?

絆

日本が本当に困っている時、苦しんでいる時に国をあげて支援してくださった台湾には本当に感謝の気持ちでいっぱいだと思うのですが、当たり前のようにニュースのトップを飾るようになってほしいものですね。

ど~せ日本のマスコミのことだから岸田さんの韓国訪問のことばっかりやっていたんでしょ、きっと。

何となくツイッターで知ったことに違和感があったものですから、ちょっと愚痴ってしまいました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。