勉強なんか一生懸命したって何の意味があるの?にさまざまな反応

自分は学生の頃、勉強に対してどう考えてたんだろうなぁ~なんて思わず考えさせてくれるツイートがツイッター上でちょっとした賑わいを見せていましたので、ご紹介です。

学生さんの立場で勉強が苦手だったり好きではなかったりする人が以下のように考えてしまうことは当たり前なのかもしれませんが、学生を卒業して社会人になったら後悔することになってしまうであろう考え方であることは大人な方たちなら皆分かること。

そんな大人な方たちが以下のツイートに対しての回答をいくつか埋め込んでおきますので自分だったらどう答えるあな?などと想像しながら読んでみてください。

賑わいの発端となったツイート

  • 国語→もう日本語分かる
  • 数学→将来役立たない
  • 理科→理系の仕事目指してない
  • 社会→過去振り返っても意味ない
  • 音楽→興味ない
  • 技術→大工さんになるつもりはない
  • 美術→絵ぐらいなら誰でもかける
  • 英語→ここ日本
CfqnaYsVIAAIXMc

まっ単純に学生の頃にありがちだと思うのですが、色々と頭でこねくりまわして考えたけど、その根本には「勉強したくない!」っていうのが腹の中にあったりするんでしょうね、きっと。

尚、この大人な回答に対してもそうですけど自分なりの意見を色んな人がツイートしているので併せてご紹介しておきますね。

さまざまな反応

スポンサードリンク
no

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。