小樽水族館に掲載されていた労働条件がコーヒー噴くレベルだと話題!

北海道の小樽にある水族館、小樽水族館にあったある労働条件がコーヒーを噴いてしまうレベルだということで、家族サービスでおたる水族館を訪れた「買収@UVセレクション」さんのツイートが話題になっていました。

その労働条件は下のツイート画像を見ていただければ分かるかと思いますが、その相手は人間様ではなく何と!ヒツジ。ヒツジに対しての労働条件だったのです。今や働き手不足が叫ばれている社会的状況の中でから生み出した画期的な方法なのではないでしょうかw

労働条件

ChseLw3VIAE9DNc

契約期間
平成28年4月20日~たぶん10月半ば
就業の場所
水族館の草地全域
従事すべき業務の内容
草刈り機を使わずにすむように伸びた草を食べる
始業時刻
一応9:00
終業時刻
だいたい17:00くらいまで
※ ゴールデンウイークとお盆は早出・延長作業があります。
休憩時間
好きな時に好きなだけ
例:おなか一杯になった時、眠くなった時、暑いので日陰で休みたい時。
報酬
好きな時に好きなだけ
(潮風があたり、適度に塩分を含んでいるので、鉱塩は舐めなくてよいです。水は好きな時にバケツから飲めます。)
その他
なるべく、柔らかい芽だけでなく固い茎の部分も食べてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。