「女ってやつは、全くもう本当にしょうがない生き物なんだから」 「男っていうやつは、全くもう本当にしょうがない生き物なんだから」と、それぞれの言い分があってからのツンデレ的ラストにちょっと涙腺が緩みそうになってしまったマンガ。

このマンガを描いた吉谷光平は、ヤングマガジンに連載がスタートすることになったらしいのですが、どうやら連載前にニュースになり話題になったマンガ家さんは初めてらしいです。他のマンガも読んでみましたが、オチが個人的には好きかも!?

あるカップルの一生を描いたマンガ

g01

g02

g03

g04

なんとなくだけど、羨ましく感じてしまうようなカップルですね。