時を越えて貴方と出会ったかむ松さんが、安野モヨコ先生の鼻下長紳士回顧録より、「なるほどと思った」ということで、ツイートしていましたが、そこにあった考察内容が、ばからしいような純文学的というか、なんだか妙に腑に落ちる感じでございました。

安野モヨコ先生の鼻下長紳士回顧録

h01

h02

h03

h04

どうでもいいようなくだらないことを純文学風に描いてる感じが妙にツボってしまいました。ツイートされた”時を越えて貴方と出会ったかむ松さん”のように管理人もなるほどね、と思ってしまいました。

ちょっとだけ安野モヨコさんのことも気になったので、一度読んでみようかな?と思います。