絶縁体のゴムなのに! 発電しちゃうゴムをリコーが開発

この度リコーがとんでもなく将来性のあるモノを開発したよ!的なニュースがあったんで読んでみると、これは!日本の、いや全世界にとっても素晴らしい発明品じゃないか?と思われるので、ご紹介です。

感受性もよく、高出力、どんなところにも柔軟につき、そしてハサミでも切れる取扱いのよさという何拍子も揃ったような発明品。大規模発電に利用するというわけではなく、身の回りで起こるわずかな環境からエネルギーを作り出すような用途への利用が考えられているとか。

例えば、歩くだけで発電してくれるような靴のソール部分であったり、貧乏ゆすりすることでエネルギーを作り出したりといったことなんかが可能に。なんだか色々と夢が広がりますね。

発電するゴム

こういう発明が実用化されれば災害にあった場合などの避難所とかで大いにやくだってくれるかもしれませんよね。早く実用化が待たれます。

柔軟性と高出力を両立する「発電ゴム」の開発に成功

スポンサーリンク