お茶漬けをもっとおいしく食べる為の7つのポイント

お茶漬けって日本人にとっては欠かすことのできない食べ方の1つですが、すれみさんが「お茶漬けをもっとおいしく食べる為の7つのポイント」をマンガ?イラスト?を描いてくれてましたので、ご紹介。

自分はいつも何も考えず、永谷園のしゃけを振りかけて熱い緑茶を注ぐっていうだけだったので、以下のイラストを参考に今度、お茶漬けを食べるときには参考にしてみたいと思います。

お茶漬けをもっとおいしく食べる為の7つのポイント

cth6u6xukae3xzt

お茶漬けをもっとおいしく食べる為の7つのポイント

  1. 冷や飯で!
    炊きたてや冷凍の米は、お湯を吸ってしまうので☓。
  2. 熱すぎはNG できれば緑茶で
    沸騰したてではなく少しおいて70℃~80℃くらいがベスト。緑茶なら濃くしすぎない(渋みがでるので)
  3. ご飯はよそぎすぎない
    大盛りにすると味のバランスがくずれるので☓
  4. すぐにかき込む
    お湯(お茶)を注いだら、お椀に口をつけてすぐかき込む。汁と米が両方口に入るように!
  5. トッピングは味が濃いものを1つだけ
    なくてもいいが、何かのせるなら1種類だけにする。梅なら種をとり、鮭なら身をほぐしてのせる。
  6. お茶碗は浅くて薄いものを
  7. お箸を使う
    スプーンは、舌やクチビルに触れた時、味が変わってしまうので☓。どうしてもスプーンが使いたいなら木のスプーンを。

皆さんも参考にして美味しいお茶漬けを食されてみてください。

ちなみにすれみさんといえばあるあるネタで有名な方のようで、過去ツイートも色々とみてみましたが面白いツイートが数多くありとっても楽しめますのでフォローされてみてください。

スポンサーリンク